【動画】ハゲタカ第7話感想ネタバレ




【番組名】ハゲタカ
【放送局】テレビ朝日
【放送時間】木曜 夜21時00分
【放送開始日】2018年8月30日
【脚本】古家和尚
【キャスト】綾野剛(鷲津政彦)、沢尻エリカ(松平貴子)、池内博之(アラン・フジタ)、杉本哲太(佐伯宗徳)、渡部篤郎(芝野健夫)
【あらすじ】
平成最後の夏、日本を代表する名門重工業メーカー『帝都重工』で「データ改ざん事件」が発覚しマスコミはこぞって「信頼崩壊の危機」と書き立てる。
芝野の差配により飯島、そして『帝都重工』社長・真壁達臣と対面した鷲津は、正式に『帝都重工』を買収してほしい、と打診される。
しかし「取得する株は最大でも三分の一。株主として拒否権はあるが経営権を渡すつもりはない」という条件を提示され、鷲津はいったん返事を保留。そんな中『帝都重工』から内部告発により大規模な「不正会計」が行われていたことが発覚する! 鷲津は『帝都重工』が救うに値する企業か否かを判断するため、内部告発した人物に会わせてほしいと申し出した

 

【ハゲタカ 動画】
【第7話動画】

【B9 1/1】
【tver1/1】
【MioMio1/1】

【U-NEXT】
新規登録で一か月見放題
※動画のリンクが切れている場合があります
探してる動画が無い場合はコチラ

ハゲタカ 動画TOPページ

 

0

U-NEXT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)